デザイン事務所 ブランディング・ロゴマーク制作会社 デザインエイエム

お問い合わせ

デザインの視点から、代表 溝田 明が不定期でアップしています。
designam の今の考え方や想いのご参考にされてください。

blog170801.jpg

今日8月1日は、会社の設立記念日。
2000年の設立なので、今日から18年目に入ることになる。

独立は1998年だったので、創業では20年目ということだ。
(個人事業では、正式に何日からスタートというのはなかった。
なんとなく夏から秋にかけて少しずつ始めた感じだったかなぁ)

当時、会社にするには、
株式会社の手前に有限会社(資本金300万円)というのがあったが、
個人事業主の経験もそうそうできるものではないだろうと、
有限会社にするのはもう少し軌道に乗せてからにしようと思っていた。

そしてフリーのデザイナーとして2年弱が経ち、
2000年8月1日、有限会社デザインエイエムを設立した。(株式会社化は2002年8月)
設立日を誕生日の8月10日とも考えたが、キリが良いことと、
なんとなく一つ歳をとる手前に形にしたかった。

社名に、個人名を入れなかったのは(例えば、溝田明デザイン事務所など)
個人のキャパを超えたもっと大きい仕事をしたいと考えていたから。

「デザインAMのAMってどういう意味なの?イニシャル?」って聞かれたら
「はい、朝まででも仕事がんばりますということで!笑」なんて言って
本当に毎日朝までがんばってやってたら思いっきりぶっ倒れて死ぬ寸前まで行ったから、もう朝まではやらない。若かった。

AMを「明るい未来」の略と意味づけしたのは、今からおよそ10年前。
完全に後付けだ。
AMデザインでなく、デザインAM。
明るい未来をデザインしていく。
お客さまの未来も、自分たちの未来も、社会の未来も。

(設立間もない頃、領収書をもらおうとすると、いつもまじめに「デザインSM」と書いてくれる中華屋の美人女将がいたなぁ(笑)ふと思い出した)


「デザインで、明るい未来をつくる」__Creating the brighter future by designing

これが弊社(株式会社デザインエイエム)のミッション、使命だ。

できることは限られるかもしれないけど、私たちの存在とデザインによって、
私たちに関わる会社や人々をより明るい未来へ、より幸せな方向へ導きたい。
それが私たちの存在意義。

ちなみに、自分の名前「明」の一文字は、夜明けに産まれた直後、
辺りが明るくなったから付けられたと聞いたことがある。
個人的にもそんな存在になれれば本望だ。

自分へのご褒美で、密かに夏らしい花を買ってみた。

blog170719.jpg

2週間前、急に眼がゴロゴロ痛くなって医者に行った。

4日後にアデノウィルスと診断された。

寝不足などで疲れがたまっていたのか、眼から細菌が入ってしまったようだった。

両眼は真っ赤に腫れ上がり、痛くて涙と目やにが止まらなかった。

眼球の奥には、1cmぐらいの厚みのゴロゴロとした何かが覆いかぶさっているような気分。

できれば安静にと言われたが、仕事で細かい部分を見ないと行けない時は、

モニターに片目を10cmまで近づける始末。

それでもはっきり見えないことが情けなかった。

思えば、生まれてこれまで、眼にはかなり恵まれていて、

最近の視力検査でも1.5がはっきり見えた。

眼帯も今回が初めてだ。

ちょうど今の時期、小学校の夏休みなんて、少しのケガや目が痛いくらいなら

「消毒、消毒ー!!」と言って、台風以外は毎日海に飛び込んでいたものだ。

あれから時間もだいぶ経って、眼が大切な仕事をしているのに、

これまで何もなかったのが奇跡だったのかもしれない。

自分の年齢のことも考えて、もう少しいたわってあげた方がいいのかも。

今はまだ、目の前に薄い膜がかかっているかのようで、対象にピントが合わない状態。

昨日の診断では、完治にはもう1週間ほどかかるだろう、とのこと。

ゆっくり治していこう!


今日は個人的な日記のようなブログ。

blog170704.jpg

またまたブログの間があいてしまった...(反省)

昔、スタッフの一人が、デザインの仕事は道楽に近いもの、
生きるか死ぬかの仕事ではない、と言っていた。

確かに何かミスをした瞬間に命を落とすような危険はないかもしれないが、
実は間違いなくクライアント(会社)の生きるか死ぬかを支える仕事だ。

ロゴマークデザインの与える影響は、直接目には見えないのだが、
自分たちが思っている以上に影響はあるのだ。

例えばそれは、観葉植物に毎日優しい言葉をかけながら水をやるのと
汚い言葉を吐きながら水をやるのとでは、
結果(姿)がまるで違ってくることと同じようなことかもしれない。

その瞬間にはすぐにはわからないが、
2年、3年と時が経つ毎に、少しずつ効いてくるのだと思う。

(←例えばこんな「生」がひっくり返ったような形、
 ずっと見ていたら気持ち悪くなるだろう)

ロゴマークは、広告や名刺、封筒、店舗、WEB、時には
車両や筆記用具にもひっそりと存在しているから、
そこに直接の原因があるとはなかなか思わない。

弊社にも、ロゴマークを他社でデザインしてもらったけど、
気に入らないからどうにかして欲しいという相談は多い。
しっくりこないロゴなんて使っちゃダメだ。

もう8年前だが、ロゴマークの重要性について
こんなブログを書いていた。

http://www.akiramizota.jp/2009/09/j.html

まだ若かったせいか、口調が少々強めだ(笑)

カテゴリー

アーカイブ

リンク

pagetop